家庭内ネットワークで動画を共有!テレビで見られるようになる!

最近のテレビはUSBに入れたmp4ファイルを再生できたりと、
なるほど!と思える機能を有しているものもあるみたいですね。

でもテレビで動画をみたい!と思った時に一番使えるのが家庭内ネットワークでのコンテンツ共有です。
DLNAという言い技術を用いた専用ソフトをパソコンにインストールするだけで、
家の中でもパソコンと距離が離れたテレビで動画再生が可能になります。

これは一度導入するとホント便利。
テレビ以外にもiPhoneとかタブレット等への共有も同時に可能になります。

尚、パソコンにインストールするソフトはDLNAサーバーソフトと呼ばれるんですが、
これだけで家庭内シェアリングが出来るのは思った以上に手軽でした。

ちなみに私がテレビで動画を再生させている様子がこちら。
やっぱりパソコンのディスプレイよりもはるかに大きな画面ですし、
リビングでゆっくり座りながら動画を見れるってのはいいものです。

主な活用方法としてはドラマや映画がメインになっています。


<動画をテレビで見るために必要な環境について>
このサイトではDLNAサーバーソフト「ムービーエニウェア」の使用を前提としていますが、
テレビがDLNAに対応しているか、していないか、はあまり関係ありません。

対応している場合は無線Wi-Fiを受信させれば良いですし、
対応していない場合はWi-Fiレシーバーを一緒に購入するか、
PS3でもそれと同様の機能を果たすことができます。

つまり、DLNAって何?ってレベルの方でも、
いきなり『テレビで動画デビュー』ができちゃうってことなんです。

映画のダウンロード動画をテレビで視聴してみる。

私がよくテレビで再生させている動画の1つ、映画。
だって、60~120分を動画をパソコンのモニターで見ているのって
けっこう体も疲れるし本当の意味で集中はできません!

これをテレビで見ると天と地ほどの差があります。

特に最近は解像度の大きな画質のキレイな映画がネットにいっぱい!
こういう動画をダウンロードしてテレビに共有させればもう映画なんて見放題のようなものです。

無料でアップされているものもありますし、
最新映画なんかは購入もしたりします。
買っても映画館に行くよりもはるかに低コストで済みますし満足度は変わりませんからね。

拘る人は音声の出力環境を充実させるもよし。

田舎の両親にこの方法を教えてたら、
近くに映画館が無いだけにめっちゃ感謝されました。

テレビでの映画の動画再生、本当に良いです!